1分で分かるハウスコム
MINUTE

1.ハウスコムについて

ハウスコムグループは不動産賃貸仲介業を主たる事業としており、関東地方、東海地方、近畿地方の三大都市圏を中心に、賃貸仲介店舗をグループ合計197店舗、FC41店舗、法人営業オフィスとして東京、名古屋、大阪に3拠点(ハウスコム2拠点、大阪ハウスコム1拠点)(2024年1月末時点)を展開しています。地域との関わりを大切にしながら、お客さま一人ひとりと向き合い、「住まいを通して人を幸せにする世界を創る」という使命を追求しております。また、2011年6月にはJASDAQ に上場し、2019年6月には東京証券取引所 市場第二部へ市場変更、2019年8月に同市場第一部銘柄に指定されました。2022年4月には、東京証券取引所の市場区分の見直しに伴い、プライム市場へ移行いたしました。2023年10月において、プライム市場からスタンダード市場へ市場区分を変更しました。

事業について

2.ハウスコムの強み

企業としての強み

成長エリアへの集中出店

当社は、市場成長の見込まれる三大都市圏を主な営業エリアとし、出店を集中させる方針をとっています。

盤石な財務基盤

無借金経営で高い自己資本比率を有しており、盤石な財務基盤を誇っています。

事業上の強み

の三要素をバランスよく強化させることで、事業規模の拡大を図っております。

ハウスコムの強み

3.ハウスコムの成長戦略

成長戦略の基本方針

コロナ禍での一時的な業績悪化を省みて、今後の持続的な成長のために、新たな事業ポートフォリオの構築による収益の底上げ・安定化と、既存事業領域の成長の加速を追求いたします。その実現に向けて、「新成長戦略」として以下の枠組みを基本方針とし、事業拡大を推し進めます。

数値目標

上の表では、2021年3月期実績の期末店舗数より、連結子会社の(株)宅都の店舗数が合算されています。
※「(株)宅都」は、2022年10月1日に「大阪ハウスコム(株)」に商号変更しました。

成長戦略